ミキシング・マスタリング ガイドライン

  • 16/24bit、44.1/48kHz、WAV形式でステムまたはトラックを書き出してください。

  • 少なくとも-6bdヘッドルームを空けて書き出しをしてください。

  • ステムまたはトラックを書き出すときは必ずノーマライズをオフに設定してください。

  • マスターバスや各ステムがクリッピングしていないか確認してください。

  • マスターバスにリミッターやコンプレッサーがないか確認してください。

  • ステムには必ず正しい名前を付けてください。 (下記『ファイルサンプル』参照)

  • ステムにはリバーブやディレイなどのエフェクトをかけないことをお勧めします。(私たちはより良いミキシングを行うことができます。もし、こだわりがありエフェクトをかけている場合は私たちは必要がない限り手を加えることはありません。その場合「Wet」とご記載をお願いいたします。)

  • ラフで構わないのでご自身でミキシング(オートメーションなど含む)やマスタリングをした「楽曲」を送っていただくことをお勧めします。これをしていただくことで、お客様がどのようなミキシングやマスタリングをご希望かわかることができます。(特にご希望がない場合は、私たちが最善のミキシングとマスタリングを行います。)

  • 同じジャンル/スタイルのリファレンス楽曲リンク(SoundCloud、YouTube、Spotifyなど)を送ってください。これをしていただくことで、お客様がどのようなサウンド、レベル、バランスをご希望かわかることができます。(特にご希望がない場合は、私たちが最善のミキシングとマスタリングを行います。)

  • ​ミキシング・マスタリングをご注文していただく前に、楽曲添削をご注文していただくことをお勧めします。

階層.png

※ 例)フォルダ階層、ファイル名